別タブでペリアクロニクルズ攻略情報を開く別タブでYoutubeを開く
【情報】グリーンドラゴンネスト ボスについて
文章は翻訳そのまま。十分意味はわかるはず








11月17日グリーンドラゴンネスト映像が公開された。ネストの進行内容とのラウンドごとのパターン、部のボスまでに公開されたが、迫力感あふれる映像を見ていると体がグンジルたてるほどだ。

素敵な映像を鑑賞したので、今は公開されたネストの情報を持って分析をしてみる時だ。公開されたボスとのパターンで戦略を立てる場合は、より高速な攻略が可能ではないか?ネストの構成とボスビョルパターンを数十回にわたるビデオ分析であらかじめ把握してみた。 /ディスイズゲームクラウンサンド



映像で確認された湖のゴーレムは、巨大な規模を持ったボスで固体の姿ほど多くの体力と力を持っていると予想される。映像では、拳を使ってブラシを入れるような攻撃をするのに広い範囲を持っていて打撃時のノックバックやスタン効果を加えることができる


巨大な腕で強力な一発!



また、湖のゴーレムの背中を見ると、多くのキノコを確認することができる。一般的に多くのゲームで使用されるのは毒キノコ。きのこが搖れて毒霧を作成したり、胞子をまき散らして範囲攻撃をするパターンを予想して見ることができる。

ドラゴンネストの多くのボスたちがそうだったように、体力に応じて、パターンが変わるので基本的な攻撃は、拳を利用した攻撃と毒を利用して持続的な被害を与えるのだ。

面白い点は、湖のゴーレムの右腕は巨大な大きいが、左の腕は比較的小さいです。この部分を参考にすれば、湖ゴーレムの右腕の範囲を超えることが攻略のポイントになることもあり、そのために、タンカーのオグロの管理と方向の選択を悩んでみるのもよさそうだ。



比較的ウェソハン左腕、攻略のポイントになるのだろうか。



映像では、約1秒間姿を見せるボスダ。ため、多くのことを確認することはできなかったが、最も重要なポイントがある。すぐに対峙方向の固定である。

映像に示すように、一つ目は崖の上に配置され、周辺にはたくさんの木の茂みに囲まれている。そして最も重要なのは、一つ目のは、移動手段(足)がないということであり、これを利用して陣形を構成して攻略していこう。


一眼が恐ろしい一つ目の


ふと、一つ目の姿を見て思い浮かぶものがあった。すぐにD&Dシリーズの代表的な一眼化け物'ゲイザー'だ。大きな一眼は、ウィザードの魔法を破砕し、数多くの触手は、範囲型の魔法を吐き出す。

偶然の一致であろうか?巨大な一眼にも似ているが触手を持ち、大きな口まで似ている。映像では巨大な口を使用して、奇声をあげて奇声の効果により、キャラクターが押し出されなものを確認することができる。特別なダメージはありませんが奇声をあげて選手を押しのけて繋がるコンボのパターンによって、強力な魔法攻撃を使用しているのではないか?






そして、一つ目の怪物をビホルドラゴ考えたとき、期待できるのは、石化した兵士たちだ。強力な魔法型モンスターの目をの攻撃で兵士たちが石化したことで、より想像力を発揮して見ると、目を攻略中の兵士たちが目を覚ますのプレーヤーと一緒に戦うという演出も期待されて見る方です。

さすがに石像たちが活躍してジュルロンジ。





あらゆる難関を乗り越えるには、プレーヤーは"カラハン"に会うことになる。まさにこのカラー、このグリーンドラゴンであり、グリーンドラゴンネストに最後ボスダ。ラウンド1では、カラーしたが、本体に変身する前の人型の状態で戦闘が始まる。


カリスマあふれる登場


戦闘が始まるとカラーなのはゆっくりと歩きながら魔法を詠唱する。余裕のある姿だけに、序盤にはピョンタルル利用した攻撃とささやかな魔法攻撃が主になったりシドゥレゴンネストのように、他のネストのボスたちが登場する可能性もある。

カラ一が使用した最初の攻撃パターンは、空中状態で落下し、火炎球を発射するパターンです。発射された火炎球は、5方向に噴射され、競合なしに穴を開けられる。しかし、方向が決まっていて街を少しだけ開けば十分に避けられるパターンと予想される。

何よりも空中で火炎球を使用するまでかなり長い時間がかかる。この時間を利用してプレイヤーが自由に攻撃するタイミングを作ることもできる。



火炎球は様々な方向に発射される。

二つ目は氷の攻撃である最初のパターンのように空中で氷の球を集めて(まるで元気玉を連想さ​​せる。)一定時間後に落下して爆発させる。映像を見ると、一定の範囲ダメージを与え、被撃時氷結の効果にかかって移動できなくなる。のために距離を十分に得られない場合は、後続の攻撃パターンにダメージを受ける確率が大きい。各キャラクターが持っている回避機を利用したり、周囲のオブジェクトを利用して身を隠す方法も考えられる。



できただけでも痛いようだ。

三番目は暗闇の攻撃である。カラ一が手を伸ばし黒の光の魔法陣を作成して以来、魔法陣を介して多くのオブジェクトのマジックミサイルをバルサヒンダ。映像確認の結果、直線上の味方を追いかけてくる誘導魔法に見える。無制限でプレイヤーを追ってこれていないが、一定時間回避しながら、時間を消費しなければならないので相手にする気にはパターンになるだろう。



ダークミサイル程度で呼べばなるだろうか?




カラ一が変身する瞬間、真のグリーンドラゴンネストが始まる。幸いにも起動時に、グリーンドラゴンの位置が固定され、これを使ってプレーヤーたちは、周囲を回り、グリーンドラゴンの攻撃パターンを把握することができるだろう。



最初のパターンは、前足の攻撃だ。右足を崖にあげた瞬間に攻撃するタイミングであり、今後の左足を大きく振り回す。範囲が広く、速度が速く、避けにくいものと予想される。ので、このパターンでは、距離を置いて遠距離から魔法や矢を使用するのが安全であり、継続的なオグロ管理のためのタンカーは、前方で待機しなければならない。



連携を使用するグリーンドラゴン

二つ目は、グリーンドラゴンの体が赤色に変わるときに発生するパターンで、左足を使って前方に攻撃する。このとき、直線上に火炎の長さ生成され、左足のダメージ+持続炎ダメージが追加されると予想される。このため、グリーンドラゴンの体が赤色に変化した時のグリーンドラゴンを斜めに眺めたまま、攻撃を続けなければならない(実際に映像でも同じようにプレイすることで確認される。)



一定時間火炎が大地を埋める。





第3ラウンドは、グリーンドラゴンが崖を飛び越えてきて始まる。以前までは固定された位置によって、比較的簡単にクリアできると予想されるが、これからは近接戦闘が開始され、真のグリーンドラゴンの力を感じることがある。


遮っていた崖を破壊してしまうグリーンドラゴン

最初のパターンは、コンボのパターンで、グリーンドラゴンが連続2回の攻撃を試みる。攻撃の開始は、常に右の足から始まり、その後続くコンボは二つある。左足を使って最高のオグロ先を下に取られるか、右の足のフィプスルギ使用し、特定のターゲットに木のツルを使用する。


フィプスルギし、床を撮ったり、木のツルを発射する。

映像では、この木のツルを避けてしまうため、その効果を確認することはできなかったが、一般的に木のツルは、プレイヤーの足を結ぶ場合が多い。のためにジャンプや覆い焼きを使用して優先的に避けなければならないの攻撃になるだろう。

第二のパターンは、空中で突進するパターンで戦闘中に空中に向かって飛んで上がって以来、特定のプレイヤーに向かって突進する。ここでいう特定のプレーヤーのための条件は確認できない。しかし、オグロガ最も高いプレイヤーに取り組む可能性が大きく、二番目に、グリーンドラゴンに最も近いプレーヤーに急ぐ可能性もある。


空中ダッシュするグリーンドラゴン

映像では確認された限りでは、グリーンドラゴンの攻撃は突進だけでなく、ダッシュの後口からノクビトの液を吐く。おそらく毒の水たまりを作って、その位置に立っているプレイヤーに継続ダメージを与えると予想されるので、床の位置に注意する。





下のスクリーンショットが今回公開された映像の中で最も衝撃的だった場面がなかったのだろうか?数千、数万に見えるコガネムシ時、柱を生成し、プレイヤーを威嚇する場面がまさにそれ。近くに行けば打撃を受けて近づくまでしてプレイヤーをオクジュェオ来る.


異様なほどに多くの虫が登場する。

映像を何度も回して見て確認した結果。グリーンドラゴンの脚とみられる物体が確認された。おそらく、グリーンドラゴンの脅威的なパターンのいずれかに見える。持続的に移動され、足下で生成されるコガネムシ時の襲撃を避けなければならないと予想される。


グリーンドラゴンの鱗と同じパターンを持っている。



今後も体が白に変わる場合もあり、体をドィトゥルミョ奇声を上げる部分もあるが映像が短くてくださいすることができなかった。しかし、現在、公開された映像でも、パターンの部分は、一定のレベルを把握することができた。

この記事は、映像を使ってパターンを予想しただけで確認されていない情報が多い。来週の更新がされると、実際にプレイした動画と一緒に詳細な攻略を扱うようにする
関連記事

 

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール
Twitter.pngRSS.png

HN:まいける、とーげ、雪月 等
性別:男
────現在のゲーム優先順位(11/09)──
デレステ(PRP1104 フルコン82/87)
グラブル(Rank63)
──────────────────
現在開発中のMMORPG
ペリアクロニクルズが来るまで
パズドラやSteamで暇つぶし中。

最近の記事
こめんと
ツリーリンク
アクセスありがとう
密林おすすめ