別タブでペリアクロニクルズ攻略情報を開く別タブでYoutubeを開く
【情報】グリーンドラゴンのインタビュー
けっこう前の記事ですが。
いまは書くことないので翻訳いれたのそのまま(「・ω・)「






去る24日、グリーンドラゴンネストが更新され、多くのユーザー達が攻略に挑戦している。 壮大な演出とダイナミックなダンジョンプレイは、多くの開発者の考えや悩みがそのまま溶け込んだ作品だ。 長い時間かけて開発されただけに、様々な話の距離があると判断し、開発会社を探してみた。



開発の過程でできた小さなエピソードたちそしてこれから予定されて、追加コンテンツやアップデートの方向性について話をインタビューで聞いてみよう。/ディスイズゲームクラウンサンド


グリーンドラゴンネストが正常にアップデートされた。 これまで苦 ​​労が多かったようだ。



約5ヶ月の間、数十人の人員が付いて作業をした。 夜勤も多く、どのようにすれば、以前のネストとの差別化を与えることができるか心配もたくさんした。 その結果が今回のグリーンドラゴンネストゥダ。 ユーザー達の反応が良くて満足している。





グリーンドラゴンの制作コンセプトは何ですか?



華麗で壮大な演出のためには、巨大なモンスターが必ず必要だった。 しかし、その分ユーザー達の視野が狭くなり、ストレスを受ける。 自分を殴っている部分が一体どこだ? という疑問がするしかないから。 それで、今回のグリーンドラゴンネストでは、ボスモンスターたちを一つの画面で認識ことができて望んだ。

"私が相手するモンスターが、このようなやつだな..."と確かに認知し、パターンを直感的に確認できるように努力した。



シードラゴンが初のドラゴンネストだっただけに、壮大さと演出に比重が大きかった場合は、グリーンドラゴンネストは、プレーの楽しさとアクションの明確な姿を見せてくれることに大きな比重を置いた。



モンスターを一目で確認して、パターンを認識できるようにしました。



最初にグリーンドラゴンが公開された時にカメレオンのようだという反応が多かった。



担当デザイナーがたくさん傷心している。 我々が望んでいたのは、攻略の確かなインジダ。 前のボスを見てみると、規模が大きいから戦闘中にどのように迎えたのかもしれないし、死亡するケースが多かった。



このような部分を解消したかった考え出したのが色の変化であった。 グリーンドラゴンの本横ばいのカラーなのは、ウィザードで、すべての元素魔法を使用する。 元素魔法は、それぞれの色を持っているので、その特徴を生かすべきだった。 多分そのような姿がカメレオンの画像をより浮き彫りにしたようだ。





物事を利用するなどの相互作用を利用した攻略が多い。



意図した部分である。 すでに述べたように今回のネストは、攻略に大きな比重を置いた。 攻略をすることで、プレイ自体に楽しみを与えたいと思った。



シードラゴンは体力をあまり高く設定した。 これがストレスとして作用したことを知っていたし、氏のドラゴンが仕様と忍耐の戦いだったとすれば、グリーンドラゴンは攻略が多いことを左右するように設計した。



しかし、攻略の多様性を追求してみると、技術的な問題にブディトヒン部分が多かった。 たとえば、2ラウンドに生命の光のような場合だ。

竜巻が生成された場所に移動すると、空気中にトイトゲされる。 非常に簡単ですが、実装が難しかった。 ネトゥウォクサン問題(シンク)が最も大きく、重力の値をリアルタイムに計算しなければならなかったからだ。 の問題もなく実装してネヌラ開発者たちの苦労が大きかった。 低下するとすぐに死亡するパターンだったから。




開発者たちを苦労させた生命の光



アカデミックが攻略に必須と言っていた、意図した部分ですか?



実は氏のドラゴンは、意図せずに仕事偏重があった。 例えば、クレリックのパーティーのような...それで、今回のグリーンドラゴンネストは、すべての職業が参加するように補助スキルの必要性を強調した。





近接キャラクターたちは、近接範囲スキルが多いため、攻撃が難しいとする。



ジレンマ的な部分だが、モンスターが大型なので表示される問題だ。 演出にも接続している部分だと、チーム内でも悩みが多い。 徐々に改善していく考えだ。





3ラウンドで石像の後ろに隠れても死ぬ場合があると言っていたがただのバグか?



ではない。 実際には公開しないのに、氏のドラゴンの溶岩ゾーンを応用したパターンです。 像の後ろに隠れるのは確かだが、床の色を確認してみると微妙に異なることが確認できる。 そこが確実に回避することができる空間だ。

石像をよく見るとジョンミョンマン見ているのではなく、斜めに立っている石像もある。 死線を眺めるの石像は、競合の位置があいまいなため、ユーザーが立っている場所に応じて死ぬ場合もある。



よく見ると、地形の微妙な違いを知ることができる。





残念ながら適用されていないパターンがある場合は?



実際には最初のラウンドのモンスターは、司教がないモンタンイオトダ。 シードラゴンの前に行ってから使うためのサービス次元で入れようとしたが、最初のラウンドから、インパクトが強すぎると、これも問題になるようにして入れないことができなかった。そして、戦場自体が回転したり、崩壊するパターンも用意されていた。 すごい演出を期待したが構造上不可能だった。



4ラウンドに虫が底をいっぱい埋めるパターンのエピソードがあるが、"強力でプレイヤーは恐怖心を感じることができるのが何があるか。"を悩んでいた。 会議中、"私たちが最も恐れているのが何なのか。"を質問したら自然に"虫"との意見が集められていたよ。 そのようにグロス強力な虫のパターンができるようになった。



衝撃と恐怖の虫パターン





グリーンドラゴンの追加コンテンツは何があるのか?



誰もが知っているハードコアネストが予定されていて練習モードでもすぐに加えられる。 さらに、グリーンドラゴンネスト専用のお料理や飛躍も準備中だ。





ペリョン装備の能力値が比較的低いという意見がある。

認めるところです。 ため、今後は、ユニクロもサフィックスが付く予定だ。 確実な時期はまだ言えないが、これが適用されると、他のアイテムと比較することができない数値が作られる。



ペリョンウン確かに良いアイテムになること





グリーンドラゴンが登場し、海竜装置がレジェンドに変更された。 その理由は?

既存のさんドラゴンのキットは、強化時に大きなゴールドを消費する。 結局、上位1〜3%のユーザーだけがすべての装備を整えることができた。 しかし、これは、我々が望む方向ではなかったし、より多くのユーザー達がドラゴンネストの後のコンテンツを楽しむことができて望んだ。 その難易度を細分化し、装置の評価を交わした。 一般ユーザーもネストを簡単に楽しめるように設定したのだ。



現在のトーテム装備をクエストを利用して合わせることができ、今後さらに様々なアイテムをクエストを通じて得ることができるだろう。



レザーアイテムが追加された。 今後PVPのコンテンツも追加されるか?

いつも悩んでいる部分だ。 しかし、現在のところ、バランス調整が最も急がれると考えられる。 PVPだけ公平に楽しむことができる席が先に用意されなければならない。



もちろん、6〜7ヶ月単位でシーズン装備がアップデートになる予定で、追加コンテンツも披露するのだ。 まだ確実な日程やシステムについては、言及が難しいようだ。



一緒にギルド戦たりも検討している。 一ヶ月のサイクルがとても大変だという意見が多いからだ。 この部分はユーザーの意見を積極的に反映するようにする。



ユーザーがグリーンドラゴン攻略のために日夜走っている。 いつ頃ゴンリャクドゥェルと予想するか?



開発当時は1ウォルチュムウロ予想していた。 しかし、やはりユーザー達の力はすごいと改めて感じた。 おそらく、クリスマス前には攻略のではないか?





次のドラゴンのための計画を知らせることができるか。



もちろん、計画の中にいるが、まだ言及するのは難しい。 その時に公開するようにする。





合奏やりたいなあ・・・
関連記事

 

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール
Twitter.pngRSS.png

HN:まいける、とーげ、雪月 等
性別:男
────現在のゲーム優先順位(11/09)──
デレステ(PRP1104 フルコン82/87)
グラブル(Rank63)
──────────────────
現在開発中のMMORPG
ペリアクロニクルズが来るまで
パズドラやSteamで暇つぶし中。

最近の記事
こめんと
ツリーリンク
アクセスありがとう
密林おすすめ