別タブでペリアクロニクルズ攻略情報を開く別タブでYoutubeを開く
【Python3】6.input(値の入力)
この記事は講座などではなく、開発中のMMORPG、PeriaChroniclesで使用できるプログラミング言語Pythonを
サービス開始前に勉強するので興味ある人は一緒にやりましょう、程度の備忘録や日記のような物です。
間違っている部分があれば指摘して頂けると助かりますヽ(・ω・)/

今まではxの値を表示するプログラムを作る時、
x = 10
print(x)
このように書いていました。結果を変えるためにはコードを書き換えなければなりません。
しかし、今回勉強するinputを使えば…!
x = input("xの値を入力してください")
print(x)

実行結果
xの値を入力してください ※ここで一旦止まり、入力待ちになるので10と入力する
10
このようにソースコードを書き換える事無く内容を変化させる事ができるのです!
ただ今まで記事で使っていたpaizaでは事前に入力タブに入力する値を書いておく必要があるので
今回はpaizaを使うのではなく、実際に試してみるほうがわかりやすいですね

year  = int(input("今日の日付を入力してください。\nyear:"))
month = int(input("month:"))
day   = int(input("day:"))

if year == 2015:
  print("明けましておめでとうございます。")
else:
  print("年違うやん")
  
if month != 1 and not day > 3:
  print("届くの、めっちゃ遅いやん。")

if   (day <= 3):
  print("今年もよろしくお願いします。")
elif (day > 3):
  print("こ、今年もよろしお願いします...\n届くの遅くなって申し訳ない。")
else:
  print("ちゃうねん、年末色々と忙しかってん")
これはTwitterで見かけたネタ年賀状のソースコードをPython3に書き換えて一部条件を修正した物なんですが


実行結果
今日の日付を入力してください。
year:2015 #入力待ち=>2015と入力
month:1   #入力待ち=>1と入力
day:4    #入力待ち=>4と入力
明けましておめでとうございます。
こ、今年もよろしお願いします...
届くの遅くなって申し訳ない。

こんな風にifと組み合わせれば入力された値によって返す結果を変える事ができるので、できる事が大幅に増えます。

◯練習◯
勇者がスライムと戦うミニゲームを作ります。
最初に勇者の名前を入力し、その後「スライムが現れた!コマンド?>>」と表示して入力待ちになり
・たたかう と入力された場合
「スライムに触れた剣が溶けてしまった!どうやら国民的RPGのスライムとは違ったようだ…」と表示
・まほう  と入力された場合
「(勇者の名前)はMPを2消費して敵1体に火属性小ダメージを与えそうな名前の魔法を放った!スライムは倒れた!」と表示
・それ以外
「(勇者の名前)がもたついていると、スライムは体当たりをしてきた!(改行)
体に纏わりつき、服だけを溶かさ…ない!肉も溶けていく!これではR-18ではなくR-18Gだ!(改行)
こんなんじゃ日本では規制かかっちゃうよ…(勇者の名前)の意識はそう考えた所で途絶えた。」と表示

求める出力の例
勇者の名前を入力してください>> #入力待ち、まいけると入力
スライムが現れた!コマンド?>> #入力待ち、たたかうと入力
スライムに触れた剣が溶けてしまった!どうやら国民的RPGのスライムとは違ったようだ…

今回はpaizaではなく自分のPCにインストールしたPython3を使ってみてください。
拡張子pyをそのままダブルクリックすると処理が終わった瞬間消えてしまうので
最後にend = input("終了するには何か入力してください") 等、適当な入力待ちを挟んで下さい。



解答例を表示
name = input("勇者の名前を入力してください>>")
x    = input("スライムが現れた!コマンド?>>")
if   x == "たたかう":
  print("スライムに触れた剣が溶けてしまった!どうやら国民的RPGのスライムとは違ったようだ…")
elif x == "まほう":
  print("%sはMPを2消費して敵1体に火属性小ダメージを与えそうな名前の魔法を放った!スライムは倒れた!" % name)
else:
  print("""
%sがもたついていると、スライムは体当たりをしてきた!
体に纏わりつき、服だけを溶かさ…ない!肉も溶けていく!これではR-18ではなくR-18Gだ!
こんなんじゃ日本では規制かかっちゃうよ…%sの意識はそう考えた所で途絶えた。""" % (name,name))
end = input("終了するには何か入力してください")



.py実行やプロンプトにpythonと入力すると現れる物より
IDLE(Integrated DeveLopment Environment)を使ったほうがエディタ機能もあるので使いやすい…はず。
多分プログラムとファイルの検索でIDLEと入力すれば出ます。
出なければ(インストール場所)\Lib\idlelib\idle.pywを実行すれば使えるはず。
関連記事

タグ: Python3 

 

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール
Twitter.pngRSS.png

HN:まいける、とーげ、雪月 等
性別:男
────現在のゲーム優先順位(11/09)──
デレステ(PRP1104 フルコン82/87)
グラブル(Rank63)
──────────────────
現在開発中のMMORPG
ペリアクロニクルズが来るまで
パズドラやSteamで暇つぶし中。

最近の記事
こめんと
ツリーリンク
アクセスありがとう
密林おすすめ