別タブでペリアクロニクルズ攻略情報を開く別タブでYoutubeを開く
韓国のいんたびゅー@アカデミック
TIGで新しい記事あったので、翻訳ソフトつっこんでそのままの文を。




・アカデミックの正確な発売時期や作業の進捗度を教えてほしい。

発売時期は8月中に予想している。作業は仕上げ段階に入ったとなり、現在では、引き続きバランスのテストを進めている。


・新規キャラクターであることを勘案して、強力なクラスになるだろう。予想通りなら、PVPは重傷級、PVEでは上級に強力な役割を果たすのだ。

特にネストに重点を置いており、パーティの補助の役割を十分にこなせるように、テストと修正が繰り返されている。



・アカデミックの機器はどこまで実装されたのか?

すでに海竜セットとトーテムセットまで完全に実装されている。すぐに龍の姿が刻まれたキャノンを見られる。


・アカデミックコスチュームのコンセプトは何ですか?

初期のコンセプトは、ファンタジー+科学+ベビーシッターを和えたの方向だった。以降は、職業の特性にとどまらず、様々なコンセプトの服装を準備する予定だ。


・アカデミックの基本的なコンセプトを決めるの参考にしたことがあるならば?

参考にしたものがとても多かった。既存の枠を超えた新たなキャラクターを作りたくて皆が集まって数十種類のコンセプトのキーワードを表示している。その中でゴルゴを選んで、今のアカデミックを作成していることができた。


・アカデミックなシナリオについても言及をしてくれば?

アカデミックは、時間旅行者だ。その点で、従来ドラゴンネストのシナリオを新たに解いていくのだ。未来から来たので、過去の事を知っている!新規ユーザーには、興味深いストーリーで、既存のユーザーは既に知っているストーリーを新たに脚色されたバージョンで楽しめるだろう。


・ アカデミック開発中の特別なエピソードがあったら?

PVPのテストをしていた過程で、アルフレッド同士の戦いを付けた。アカデミックは、見学したり、アルフレドは懸命に戦う姿は、新しい感じで面白かったよ。また、キャラクターがあまりにもかわいいみると、開発者の4人でのテストは行っていないずっとモニタだけをぼんやりと眺めていた。

あ、ユーザ二人が直接会社を訪ねてきてアカデミックをプレイしてみたい道もあった。後で掲示板に面白かったという記事を残してくれて力になった。この場を借りて感謝申し上げる。


・ 原画を見ると、攻撃型と支援型の戦闘方式が分けられるようだ。

アカデミックは2つのタイプに分けられる。一方は、召喚獣アルフレドと攻撃型スキルを持っているミリタリー系、もう片方は、召喚獣メカ徳とタワーを召喚するサモナー系列です。

2つの系列すべての召還と攻撃、補助の役割を兼ねており、戦闘スタイルが分かれられると思うと楽だ。異なる点は、ミリタリースタイルには直接的な攻撃型である。アルフレドが先頭に立って攻撃をして、アカデミックには後ろからピンポンバム、ケミカルミサイルなどの遠距離射撃が可能なスタイルだ。

反面、サマナーのスタイルは、メカ徳と塔を立てておいてメカ徳の自爆、塔のテンキンウルを通じて、ユーザーが戦場から離脱したまま戦闘をするスタイルだ。ユーザーのコントロール能力と性向に応じて、好みで選んでプレイすればよい。


・各スタイルごとにユーザが感じることができるの楽しみは何ですか?

ミリタリースタイルのアルフレドは、召喚獣ではあるがアカデミックの遠距離攻撃を支援するための補助タンカーの比重が大きい。プレイスタイルの中心とアルフレドではなく、アカデミックに合わせてあるので直接アカデミックをコントロールする楽しさがある。しかし、それだけのリスクを甘受しなければならない。

サマナーのスタイルは召喚獣を利用しての代わりに戦闘を行うことにしているのが特徴だ。コントロールを気兼ねをするユーザー達を狙ったものだが、メカ徳を召喚して敵の目をひいてタレットを上下に設置してダメージを抜き出すの形式です。召喚獣の召喚演出や攻撃方法に多くの気を使ったので見るだけで楽しさがある。


・今後追加される召喚獣について教えてください。

まだ具体的な計画はない。ただ召喚獣の種類を増やすことは避け、召喚獣のスキルを増やす方向で議論している。あまりにも多くの召喚獣が戦場にある場合は、画面が複雑になることと判断した。

その後、召喚獣を直接操ることができるのか?

人工知能とユーザ操作方式の両方を採用している。人工知能には限界があると判断し、100%のユーザー操作で乗り越えるジョニー操作が複雑になった。そこで導入したのがトグル方式だ。たとえば、ユーザーが召喚獣に一度のスキル使用命令を下に置きには召喚獣は、再使用時間が戻るときに、そのスキルを使用する。アカデミックの運用も容易ではない状態で、召喚獣まで気を使わなければならない場合プレイのストレスがひどいと思うように楽に戦闘できるように方向を定めた。


・召喚獣アルフレドとメカ徳を紹介してくれ。

まず、アルフレドはボスグプエゲド簡単に死なない程度に強力な力が魅力だ。また、"ダメージトランジション"というスキルを使ってパーティーのダメージを代わりにマトアジュルこともできる。もちろん攻撃スキルも持っていて、第5のクラスでも活用可能だ。

メカ徳の場合、最大3匹まで戦場に召喚され、感電、沈黙、自爆などの状態の効果のスキルを使用することができる。アルフレド高速召喚が可能なため、実用性が高い。

以外にもオートボットと呼ばれる召喚獣が存在する。召喚と同時に、消費型アイテムをドロップするために、体力30%回復のようなもので構成されている。

また、実物大の自分の食べ物のように攻撃、防御に必要なアイテムもドロップする。


・アカデミックの補助スキルたち(ボブルシャトなど)は、巨大モンスターに通じない場合は、クラスがサジャンドゥェル可能もあるのではないだろうか?

最初の企画段階から、その部分を考慮した。どうせスキルの効用価値は、ネストのボスに有用か否かに分かれるために、アカデミックには、可能であればぜひ連れて行きたいのクラスになるようにした。バブルショットの場合、巨大モンスターには通じないものの味方に使用すると、ガーディアンフォースのようにシールド効果を与えるように問題を解決した。



・現在、公開された前職は、エンジニアの一つだけだ。今後の追加の予定は?

現在では技術者で、すぐに2次転職をすることになる。将来的には1次転職も二つに増やす。


・最後に、アカデミックを待っているユーザー達に一言お願いします。

新しいコンセプトのキャラクターを披露してと思った。長い時間悩んだ末、"機械を扱うことを知っている召喚師"という特色のあるテーマの職業を選択した。ファンタジーの背景には似合わないのマシンが登場するや、実際にプレイすると、ドラゴンネストの世界とよく似合うように作られたと感じるだろう。

約6ヶ月の間、多くの開発チームが頑張って出したの仕事です。是非アカデミックのストーリー、スキルを面白く楽しんでいただきたい。

関連記事

 

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール
Twitter.pngRSS.png

HN:まいける、とーげ、雪月 等
性別:男
────現在のゲーム優先順位(11/09)──
デレステ(PRP1104 フルコン82/87)
グラブル(Rank63)
──────────────────
現在開発中のMMORPG
ペリアクロニクルズが来るまで
パズドラやSteamで暇つぶし中。

最近の記事
こめんと
ツリーリンク
アクセスありがとう
密林おすすめ